今では10代20代の間でも紹介されている簡易ホワイトニングサロンなども街のいたる箇所にできていますね

かかりつけの歯科医院などでは簡易的な歯の黄ばみやヤニの洗浄をしてくれる歯医者もありますが、本格的なステイン沈着はなかなか落ちるものでもないです。

歯の漂白は費用として3万~6万円ほど必要になります。もうひとつ、歯の黄ばみ具合によりますが強いクスリを使わなけれなりません。

なぜ?黄ばみが付着してしまうかは色素の濃い食品を度かなってとることや年齢を重ねることで歯の内部が黄色くなることで内部が表面に透けて黄色い色が強調されてしまいます。親ゆずりの歯の黄ばみが強いという方など遺伝によりもとから象牙質が黄色みがかっているということも考えられます。

フッ素配合のオーラルケアを選んで歯の強化や虫歯予防をしようという人も増えていると思います。いまとなってはフッ素が主成分の歯磨き粉は非常に注目されていてフッ素信者ともいうべき方もいます。

でも、フッ素と聞くとフッ素て体に害はないの?ということで使うのは様子見という方もいるようですがフッ素は私たちの体の部位にも存在してフッ素配合のオーラルケア商品をためらう人の多くは「フッ素中毒」という言葉がひとり歩きしてしまっていて余計に神経質になってしまっているのではないかと思います。確かにそう思っても仕方ないようなことが昔日本ではおこっています。水道水にフッ素が含まれたことが原因でフッ素の過剰蓄積による斑状歯などの事象があったそうです。

ただしこれは日本の水質検査などが公共管理の基準も今のように整っていない1970年の話しです。

いまの日本ではフッ素だけではなくあらゆる化学物質から鉱物、成分などの残留物を定期的にチェックして公表していますからこのような心配はまずありません。

ポリリン酸ナトリウム入りのホワイトニング剤はこびりつく歯の汚れを除々に落としていきながら、変色の再付着を防ぐので歯の白さを維持することができます。日頃のオーラルケアと同じように無理せずにホワイトニングすることが実行できれば、これに越したことはありません。

ポリアスパラギン酸ナトリウム配合のホワイトニング剤であればそれが可能です。

ニオイの強い飲食をされたときなどのそのときだけの口臭と別に歯周病が原因で起こる嫌な口臭というのがあります。

何をしても口臭が気になるというヒトは朝起きたときにクチのネバつきを感じたり、口のニオイが気になる人はある一定の年齢を過ぎたひとなら誰もが感じたことのあることのようです。

家族に指摘されるほどの口臭は朝起きた手の口臭はお口の雑菌量が増加している環境であることこの雑菌がなぜ増えるのか?唾液が減っていることが原因のおおくであることが報告されています。

就寝時には体内の水分が著しく蒸発していて、汗だけでなく、体中のいろんな場所から水分が奪われます。口を開けたまま寝る人は起床してお口が乾くというひとはニオイの原因になる菌が増殖してしまいます。どれだけ歯の色が白くあろうが、メンテンナンスを怠れば見た目は良くても、清潔ではありません。人工物でカバーするセラミックなどでは歯ぐきの劣化や内部がむし歯になりやすくなったなんてこともあります。

そこで、普段から歯科医院でメンテンナンスを受けに行くかみずから率先して口内ケアをする必要があります。いますぐキレイに輝く白い歯にしたい場合には効果が早いオフィスブリーチングが最適です。一定の周期で歯の汚れを落としたいけど、時間と価格のコスパを考えるひとにはホームブリーチングを推奨します。

ただしホームブリーチングだと完全自宅でホワイトニングできますが、3週間くらいの時間を見ながら理想の歯の白さになることも覚えておいて下さい。

歯科医院でのクリーニングでも習慣的にやってもらうと、普通の歯の汚れならばきれいになることもあります。ですが、診療をわざわざ受けるのは面倒という方はご自分でホワイトニングケアをやることも可能です。

ドラッグストアなどに置かれているホワイトニング剤もたくさんありますが、ステイン用はみがき粉などでは頑固な汚れは落ちにくいこともあります。

色の濃い飲料や食事、例えばコーヒー紅茶、ワインには色素の強い食事にはポリフェノールなどの植物成分含んでいるので、食事の都度にいただくといつの間にかステイン汚れとなってしまう場合があります。

今では10代20代の間でも紹介されている簡易ホワイトニングサロンなども街のいたる箇所にできていますね。

これらはクリニックとは異なり歯のブリーチングじゃなくてポリアスパラギン酸セルフ施術がこのサロンの特徴です。最近のホワイトニング剤はただ歯を白くするだけの効果だけでなくリンゴ酸やポリアスパラギン酸配合のステイン除去製品にはピンク色の綺麗な歯ぐきを保ったりしかも、お口の中の細菌をおさえて口臭を防ぐこともしてくれるのでオールマイティに口内ケアができてしまいます。セラミックやラミネートは時間をかけずに白い歯と綺麗な歯並びを手に入れることができます。しかしながら、トーンを間違えるとまったく自分に合わない白さはまさに胡散臭いイメージをうけます。

案外多いのが歯医者って通院回数が多いんですよねちゃんと治療に出向くのもおっくうになってしまい、いつの間に行かなくなってしまうとどうしても行きづらくなることもあるようです。それにしても歯医者というのはどうして回数を分けて治療をするのか?1回とは言わないまでも数回集中して診れればこちらの要望にあった回数でも完了してもらえそうですがそれにはいくつかの理由があるようなのです。

歯医者の診療に日数を費やす理由は他にも保険制度の観点から一回の施術で無理をさせない規制が決められているそうです。例をあげると歯の歯石取りの治療にも決まりがあります。まず何度かにわけなければならない2,3回に分けて落とすように定められています。

そして患部の状態によっても軽度の虫歯であれば1回で済ませますが、中規模~大規模のむし歯などでは基本的には回数をわけなければなりません。過去ふりかっても重度の虫歯の治療は他の部位は一度に治療しないですね。

ポリアスパラギン酸配合のステイン分解は面倒な工程を必要としません。

出かける必要もないし、時間をとられることもなく、歯磨きを交換すれば黄ばみやステイン汚れを白くします。歯色のトーンというのはそもそも白い色をしていないといいます。

ほとんどの人間の歯の色はわずかでも黄色をしているといいます。例えば皮膚の色と同じようにメラニン色素の度合いによっても色のもつトーンが生まれつき決まっているといいます。薬剤を使用するブリーチングはこの先天性の黄色みがかる色も時間をかけると可能であるといいます。

ステイン除去はみだしなみとしてもなんら不自然なことではなくなっています。

それに、お化粧に時間をかけて、髪を費やしてどれだけ着飾ったとしても歯が黄ばんでいればそのひとの印象をマイナスに変えてしまいます。

フッ素は一般的に我々が食べている食品から微量にも摂取している元素の1つであり、私たちの腸や骨にも存在しているのです。カラダへの残留を気にする方もおられるようですがこれは誤解でフッ素量は一定になると排尿されることが確認されています。歯磨き粉に入っているフッ素は当然、歯磨きあとには吐き出すわけですから影響があるほどの量ではなく例え飲み込んだとしてもまず蓄積することはないでしょう。

歯科医の現場でも利用されるポリリン酸ナトリウムやポリアスパラギン酸ナトリウムが配合されているホワイトニング用の商品が人気を高めていて有名人にも愛用していたりと流行りのホワイトニング剤となるとポリリン酸ナトリウム配合の製品が通販でも人気が高いです。

ポリリン酸は黄ばみや落ちにくい色素沈着を分解して落とすことから汚れを削り落とす研磨とは違って浮かせて、剥がし落とします。

起床してすぐのお口の中の雑菌は約10gと多めで朝、顔を洗わないひとはいなかもしれませんが歯磨きをしなければ何かを食べているとしたら菌をいっしょにに食べていることになります。

聞いただけでゾッとしますがこの雑菌は胃や腸に届くわけですから体調不良の要因や重篤な病気の起因となりえることが報告されています。お口を清潔にしていないことで菌を取り続けると癌が発生する可能性が高まる報告しているお医者様もおられます。直接的に病気につながらないまでも常に雑菌を口の中に存在させていることは歯垢などの雑菌の塊を発生しやすくします。歯垢はそのうち歯石となります結果がさらに雑菌の棲家をお口の中を劣悪な状態へとしていきます。歯肉に影響をあたえる歯周病の原因の1つも厄介な菌が理由といわれているためお口ケアにもう少し敏感になっても良いことはあっても悪いことはないはずです。フッ素がなぜ虫歯に良いのか?フッ素というのは酸から歯を守ることでオーラルケアアイテムに配合されることがあります。フッ素が配合される製品にはエナメル質を強化することが知られています。仕組みを説明するとエナメル質を創り出しているヒドロキシアパタイトとフッ素が反応することで石灰化が進行しエナメル質を強固にしていくことがわかっています。またキズのついた表面を修復してくれます。

ミュータンス菌からエナメル質を守ってくれるのです。なのでヒドロキシアパタイト配合の歯磨き粉にはともにフッ素がはいった製品を指定することで効果的と言えます。

ステインをこそぎ落とす消しゴムを使ったことがありますか?ネット通販でも売られているステインイレーサーは歯にこびりついたヤニや茶しぶ汚れを部分的にきれいにします。

先端部分にはポリマーが入っているものもあり過去のヤニ取りやステイン汚れなど普段の歯磨き粉では落ちないこびりついて染みついた汚れを落とすにはあら目の研磨剤配合の歯磨き粉を使うというのがあたりまえのときも経験したことがあります。

黄色みがかった歯の色を分解してくれるポリリン酸Naはブリーチングのように薬剤ではないので歯ぐきが痛むようなこともなくホワイトニングをやることができます。面倒くさがりな方でも日頃の歯磨きと同じように化学分解してくれるケア製品を実践することで汚れを改善しながら再付着も防いでくれるのです。

電動歯磨きを利用する場合にはペースト状の歯磨き粉を常用するよりもジェルタイプのステイン除去剤を使ったほうが歯の表面にキズを付けないように歯を磨くことができます。

実際に綺麗好きであるはずの日本では歯の健康、美容にかんしては意識が最低であるといわれます。

最近ではホワイトニングへの関心は強いひとも増えてはいますがクリーニングのためだけに歯医者に訪れるひとも少ないようです。

イメージとしてもあの「キュィーン!」て音をきくだけで縮こまっってしまうものですが最近は大変快適なクリニックもあって以前のイメージとはだいぶ変わってきているようです。

なぜ歯科医院では何回も歯医者に出向く必要があるのか?1つは人間は口を開けてられる時間に限りがあるようでいいところ、30分が限界だそうです。

それを超える施術は顎関節炎などの患部の治療以外の問題が出て来るのだそうです。加えて一度に歯の治療をおこなうことは顎や歯自体の噛み合わせを悪くしてしまうそうです。

いっけん、重要なことではなさそうですが、あとになってから異常がみつかることもことがあることから制限がなされているとかそれによって1人あたりの治療時間は必然的に長くなってしまうのだそうです。

セラミッククラウンといってもとの歯を覆うように被せてしまう美容クリニックや審美クリニックなどでも以前よりも進歩していて材質のコスパがよくなっていてコンポレッドレジンやジルコニアとセラミックのハイブリッド素材や注目はEマックスといってニケイ酸ガラスのセラミックを素材とした透明度の高いナチュラルな歯の質を再現した素材もつくられており丈夫で見た目もよく、コスパもジルコニアよりも安くつくれるなどセラミックの被せ物は利用者も増えていてるようです。

参考にしたサイト⇒タバコの黄ばみやステインを除去してくれるグッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする